てんびんの詩

2015年09月17日 21:18

お家さんのドラマを見た。前回も録画してみたが、また見てしまった。

25歳の頃成功哲学や家庭内教育の勉強会に通った。ほぼ10年ほど。
そこで、近江商人の「てんびん」を、よく耳にした。


鍵山秀三郎氏  かぎやまひでさぶろうさんの講演会に何度も足を運び、
その話を聞いた。http://tenbinnouta.ciao.jp/link.html(てんびんの詩)

商売をするのならな、・・・・ちょうどリクルート関連の子会社で企画営業をしていたので、企業のトップと話すとき、この資料を渡してきた。

その後様々な商売や、営業に回る時に、この心がけはどこか育っていたのかもしれない。星の種のオレンジの星の育て方や黄色い星の種のあり方は、この心根を持って伝えるようにしている。

働くとは・・・
仕事とは・・・
それぞれの役割がその役目をきちんと果たしながら、
 互いの心に寄り添う。どの立場も、同じエネルギーが循環している。
 その根底をなしていかないと、どこかで崩れていくのではないのであろうか。

************

近江商人の言葉に、売り手よし、買い手よし、世間よしで『三方よし』というのがあるんです。独り勝ちしたらアカン、っていう考えを教えたのが、店の母であるお家さんでした。鈴木商店の成功は、女性がいてこそ成り立った円満なビジネスなのでは、と気が付いたんです」

http://www.ytv.co.jp/oiesan/original/index.html

鈴木よねさん
http://www.suzukishoten-museum.com/footst…/history/cat/cat2/

 

© 2015 All rights reserved.| は無断で加工・転送する事を禁じます。

Powered by Webnode